· 

愛ある金継ぎ

金継ぎの「やり直し」を

依頼されました

 

 

お客さま自身が

見よう見まねでやった

接着剤と合金粉のお直し

 

とれてきたので

漆でやり直してほしい、と

 

 

いったん、前のお直しを全てとる必要があるので

お湯で煮て、

カッターで削っています

 

 

 

そもそも金継ぎは

漆の接着力を利用して

焼物の割れや欠けやヒビを

くっつけたり埋めたりするもので

 

日本人が縄文時代から

持ち続けている生活の知恵に

蒔絵の技法があとから合流して

今の形になったんだろうと思う

 

 

金を蒔くのは目的ではなく

結果的に「あ、これ綺麗じゃん」

てなったという話であって

あくまで漆の接着力を利用することが前提

 

 

だから

漆を使っていないのに

金粉(アルミかなにかの)を蒔くのは

本筋からすると

全くの無意味なんだよね

 

 

でも初めて見る人にとっては

金継ぎ = 金の線

それこそが「ザ・金継ぎ」

なんだなあ

 

それも無理からぬことだよね

だって「金継ぎ」って

言葉からしてそうだし *

金って綺麗だし、キャッチーだから、、、

カッターでカリカリしながら

そんなことを

つらつら考えていた

 

 

。。。だけどさ

 

 

持ち主さんが

愛用の器が壊れたのが

悲しくて、どうにかしたくて

見よう見まねでやったお直し

 

 

これはこれで、

「愛ある金継ぎ」

なんじゃないのかなあ

ほほえましいよね

 

 

 

 

 

 

 

* 本来は「漆つくろい」と言うそうです