· 

和のコスチュームジュエリー<5>

1127日まで、大阪 国立民族学博物館 特別展『工芸継承―東北発、日本インダストリアルデザインの原点と現在』にて、あとりえ青輝鳥の「和のコスチュームジュエリーシリーズ」5点(2017)が展示されています。

  

本シリーズは、漆アクセサリー作家 加藤恵と、ビーズアクセサリー作家 金田美里のコラボレーションによる、初の作品です。 

  

ブログでシリーズを1点ずつご紹介しています。
 
最終日は、蝶のメタルチャームが印象的なペンダントです。

もういい加減、どんなデザインが出てきても驚かないだろうと思っていたけど、これを初めて見たときもやっぱり驚きました(笑)


リバーシブルペンダント/てふてふ KM1705

トップ:木胎錆地変わり塗(木、漆、砥粉、金箔)

ネックレス:ガラス(一部ヨーロッパのヴィンテージビース)、合金


コラボは次なるステージへ。



先月、特別展関連イベント「みんぱくゼミナール」に登壇のため、国立民族学博物館におじゃまし、展示を見て来ました。

 

コラボをはじめたときには、作品が国立博物館の展示室に並ぶことになろうなどと、もちろん想像もしていませんでした。

本当に光栄ですし、同時に、自分一人では生まれなかった「価値」を美里さんと創れたことを心から嬉しく思います。

 

コラボレーションは、次なる作品に向け、再びスタートしました。

どうぞおたのしみに。

  

特別展「工芸継承」は、大阪の展示が終了後、浜松、金沢に巡回します。

こちらもひきつづき、おたのしみに。

************

 

金田美里(Beads.Michel ビーズミシェル

ブログ
https://ameblo.jp/kirakirakirakira0127/entry-12404596968.html

ウェブサイト
http://beadsmichel.com


特別展「工芸継承」:

国立民族学博物館ウェブサイト 

http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/special/20180913kougei/index