作家のプロフィール


加藤 恵  Kei KATO

 

1969 山形県酒田市生まれ

京都外国語大学卒業

新聞校閲記者、大学博物館の研究員などを経て、フリーランスの翻訳・出版校正者
 

2003 結婚を機に和歌山市に移る

紀州漆器(和歌山県海南市、国指定伝統的工芸品)の職人、漆芸作家との交流のなかで制作の道に入り、久世清吾(沈金)、谷岡敏史(塗り)、谷岡公美子(蒔絵)(3氏とも伝統工芸士)に師事

紀州漆器組合の後継者育成事業として実施された彫漆・キンマ・紀州彫・金継ぎ等の研修を受講

 

2009 仙台市に転居
 

2015  「あとりえ青輝鳥」の屋号で作家活動を開始

仙台市を中心に委託販売、グループ展、ワークショップを定期的に開催

 

2017   東北歴史博物館 特別展「工芸継承〜現代から捉え直す国立工芸指導所」展示協力、作品展示、ワークショップ開催

2018   国立民族学博物館ほか 特別展「工芸継承〜東北発、日本インダストリアルデザインの原点と現在」作品展示、トークイベント登壇

 

2017〜 蒔絵師 渡邊栄一氏に師事 

2018.10 - 2019.07  セルバ泉中央に期間限定ショップを共同出店

2018.12〜 セルバ文化教室「金継ぎ/漆アクセサリー」講師

2019.10〜 NHK文化センター仙台教室「金継ぎ」講師

 

 

(公財) 仙台観光国際協会 賛助会員